TOP

キャッシング審査を徹底解説

| あなたを審査します

TOPページ
ナンバーワン、1位、2位、3位、4位、5位ランキング、ベスト10、ベスト5、ランク
審査項目、年収、職業、他社の借入、借金、消費者金融キャッシング審査、カードローン審査、診断、仮審査
キャッシングバンク
実質年率
4.5%~18.0%
限度額
500万円
審査スピード
申込み完了画面に表示(※l)
融資スピード
最短即日(※l)
来店有無
不要(※l)
担保・保証人
不要
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査スピード
最短30分
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.7%~18.0%
限度額
500万円
審査スピード
最短30分
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.9%~14.5%
限度額
500万円
審査スピード
当日中
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.5% ~ 9.8%
限度額
500万円まで
審査スピード
当日中も可能
融資スピード
即日利用も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.9%~18.0%
限度額
300万円
審査スピード
当日中
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
トピック
(三井住友カード)利息最大3ヶ月キャッシュバック!!
即日融資について
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
(※)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

9項目に答えてあなたを審査!
金融機関は、審査結果理由の公開は法律上義務付けられていません。従って審査に落ちた理由が明確化されておりませんので、 完璧な回答は難しいですが、かなり参考になる審査結果が得られるはずです。
下記に審査結果が表示されます。
下記の9項目を選択して、あなたの審査内容をチェックしてみましょう!
① 年齢
20歳未満   20代~    30代~    40代~
50代~    60代~    70代~   
② 職業
(近いものを選択してください)
公務員   正社員   契約社員
パート   アルバイト 自営業
③ 勤続年数
半年未満   1年未満   3年未満   3年以上
④ 年収
無し                 100万円未満  200万未満   300万未満
400万未満   500万未満   600万未満   700万未満
800万未満   900万未満   1000万未満   1000万以上
⑤ 持ち家、借家
持ち家(住宅ローンあり)
持ち家(住宅ローン無し)
借家
⑥ 現在の住居移住年数
半年未満  1年未満  3年未満  3年以上 
⑦ 他社への借入件数
0件   1件   2件   3件以上
⑧ 他社への借入金額
無し                    50万未満             100万円未満  
200万円未満   300万円未満   300万円以上  
⑨ 性別
男性
女性
どのような診断結果がでましたか?
この審査は当サイトが調査によりデータベース化させたものであり、参考程度にお考え頂きたくお願いします。
金融機関の最短の簡単審査システム
審査の結果は担当者が決めるが基本にあります。ただし各社は、これまでの取引内容から導き出された情報がデータベース化されており、 これを活用しています。
たとえぱ、消費者金融などで、いわゆる無人契約機に足を運んで、かなり短時間で審査が通ればカード発行されるケースがあります。 担当者が、依頼者のいろいろなデータを見比べて、熟慮を重ねているようには思えません。

最短「1秒審査」という審査結果が出る仕組みは、社会のテクノロジーの進歩が成し得たものです。1秒ではどんなに仕事ができる人間でも、 データを精査することは不可能でしょう。名前を確認しただけで、1秒なんてあっというまに過ぎてしまいます。
各社はなぜ「早い審査時間」をアピールしているのでしょうか?

大きな理由としては、サービス向上精神=利益拡大。
規制が一律に成りつつあるこの業界において各社の付加価値が重要でそこが勝負だと考えているはずです。
スピードに関しても重要と考えています。審査時間が長引けば、その間に競合他社にお客さんを取られてしまうのです。 金融各社にとって、ひとりでも多くの顧客を囲い込むことは当たり前です。

ここまで素早い審査ができるのはなぜでしょう?
それは、インターネットの普及、コンピュータの進化が一番の要因でしょう。細かい設定は会社ごとに異なりはしますが、通常のパターンは以下の通りです。

(1)申し込みフォームに情報入力をする
(2)その情報を機械的にスコア化する
(3)その合計ポイントが基準値を上回れば、自動的にコンピューターが「良」を判定

という判定を瞬時に下すみなさんが申し込みフォームに記入する情報については、その情報がすべてそのまま 証数値としてスコア化されます。基準値に達しているか、即時に判断するためです。
最低眼のことしか入力していないように見えますが、本当に必要な情報だけを吸い上げて、 判定の基準としているのです。ここで、申し込みフオームで何を入力するか、思い出してみましょう』

・住所
・氏名
・年齢
・職業
・会社の在籍年数
・年収
・持ち家か借家か?
・現在の住居への居住年数
・他社での借入れ件数と借入金額

主にこれらが判定基準だと思います。

これをスコア化するというのはどういうことなのでしょうか? たとえば職業ですが、これは職種によって大きく差をつけられます。 もっともポイントが高いのは公務員です。原則として定年までにリストラがない、収入が長期的に安定している、といった点でかなり有利になります (その中でも自衛官は特に高い評価を受けるようです)。逆に評価が低い職業は離職率の高い職種になります。
昔からよく言われているのはパチンコ店や水商売の従業員さんです。パチンコ店の従業員さんは住み込みで働くケースもあって、 一見、安定しているように思えますが、仕事内容がとにかくハードで離職率が高いと言えます。
また、住み込みだった場合、仕事を辞めると同時に住まいも失います。たしかに、お金を貸す側にとってはかなりリスキーな職種かもしれません。
水商売の方も同様で、勤務先が転々としがちなこともマイナス要素となっています。

同じく、カードを作りづらい、ローンを組みにくいのが、いわゆるフリーランスで仕事をしている方々です。 フリーランスで仕事をしている方は、一般の会社員の平均賃金よりも年収が高いという場合も多いのですが、いざ信用度となると、 かなり低くなってしまいます。なぜなのでしょうか? その理由を考えてみましよう。
金融機関が重要視するのは、「毎月定期的にきちんと返済をしてくれること」です。
フリーランスの方は、年収で見れば高収入であっても、どうしても月々の収入にばらつきが出てしまいます。
80万円稼ぐ月もあれば、20万円しか入ってこない月もあります。収入が低い月は支払いがきちんと履行されないかもしれない、 カード会社にとってこの不安材料は払しょくできません。
収入が月30万円に落ち込む可能性があるフリーランスの方よりも、年収では下回るものの、 単純計算で月に30万円がコンスタントに入ってくるサラリーマンのほうが「間違いなく返済できる」と判断されるわけです。
年収が1000万円あるフリーランスの方よりも、年収が600万円のサラリーマンの方のほうが信用度は高い、そういう結論になってくるのです。
フリーランスの方がキャシング・カードローン・クレジットカード審査に通りにくい、 そして銀行系などの口ーンを組みにくい理由は以上述べたよべたようなものです。

また月給同様に、年収にも安定性が求められます。最近、テレビで大ブレイク中のお笑芸人いうケースが見られます。 「あんなにテレビに出て稼いでいる人でもお金を借りられないのか」と思った方もいるかもしれません。
しかし不思議ではないのです。年収の安定性という意味でいえばたとえたくさん稼いでいたとしても、その翌年にはどうなるかわからない、 という不安材料がそこにあるのです。
この状況を解消するには、やはり長くその仕事を続けている、長く高収入を得ているという実績が重要になってきます。 まだフリーになったばかりの方はすぐキャッシングしたり、カードローンを申し込んでも、金融機関からお金を借りたりすることはなかなか難しいかと思います。

▼持病持ち
残念ながら、持病がある場合も、将来の安定した収入確保に不安がある、と判断されてしまう可能性は否めませんので、その点も考慮要素になってしまいます。

▼外資系
人さんが銀行に審査を申し出て断られる、と収入的には申し分のない外資系企業の社員さんも、鶯くことに実はポイントが低いと言えます。 今、高収入を得ていたとしても、日本企業とは遠い〟終身雇用制を敷いていないことがネックになっています。「つまり、いっリストラにあうかわからないとうことです。 数年単位での雇用契約となるので、これは大きな不安要因です。有名な外資系企業よりも、日本の中小企業に勤めているほうが、実はお金を借りやすいという事象が起こっています。

職業のポイントについては、こういった要素を加味して、
・公務員なら5ポイント
・正社員なら4ポイント
・派遣社員なら3ポイント
・自営業なら2ポイント

といったかんじで、職種によって、データベースが自動的にスコアカウントを保持し出力されるように設定されているわけです。
ほかの項目についても同じように、収入の安定性を重視して、自動的にスコアカウントがなされるシステムになっています。

会社の在籍年数や住居への居住年数も、融資の判断に影響します。同じじ会社に長く在籍していれば、それだけ信用度はアップします。在籍年数が長ければ長いほど重要視されます。
本来ならポイントダウンの対象となる引っ越しの多さ(居住年数で判断)も、社内での異動が多いことが理由、として審査を通りやすくなるはずです。
あとは収入と借入れ金額のバランス(もちろん借入れ金額が収入の3分の1をオーバーしていれば、即座に融資NGとなります)などもスコア化されています。
そして、最終的に結果が出ます。ひとつの項目につき最高5ポイントx6項目で30ポイントが満点。 20ポイントを超えた段階でコンピュー夕ーが自動的に「融資〇K」と判断する。このようなシステム、これが『スピード審査』のシステムなのです。

「嘘を記入すれば高ポイントを稼げるではないか」などとお考えの方もいるかもしれません。しかし、それはNGです。当然、審査のあと、正式に契約書を交わす際に、 収入証明書などの提出を求められますので、そのあたりはしっかりと確認されます。適当なことを書いてキャシングできることにはなりませんし、むしろ自分で新たな 事故情報を作ってしまうことになりかねませんので、注意してください。

■関連する情報

アコム

  • 金利(実質年率 最低~最高)
    4.7%~18.0%
  • 借入限度額
    500万円
  • 無利息期間
    30日
  • 特記事項
    ◇24時間いつでもお申し込み可能。お申し込み当日のご融資も可能です。
    ◇24時間・年中無休のアコムATMをはじめ、三菱東京UFJ銀行やコンビニATMでお借入・ご返済可能!
    ◇インターネットからのお申し込みで、契約時間を短縮できます。
  • 備考
  • プロミス

  • 金利(実質年率 最低~最高)
    4.5%~17.8%
  • 借入限度額
    1~500万円
  • 無利息期間
    30日(初回のみ)※P
  • 特記事項
    ◇3項目3秒でお借入診断◇
    ◇実質年率4.5%~17.8%◇
    ◇審査時間最短30分!◇
    ◇ご利用可能額1~500万円◇
    ◇24時間365日ネットからお申込OK◇
  • 備考
    (※P)詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください
  • アイフル

  • アイフル
  • 金利(実質年率 最低~最高)
    4.50%~18.00%
  • 借入限度額
    500万円
  • 無利息期間
    -
  • 特記事項
    アイフルならはじめての方でも安心。さまざまなサービスでお客様をサポートします。安心のポイント
    1 ご融資は1,000円から! 来店不要で、ネットで手続き完了。さらに即日融資も可能。安心のポイント
    2 気になる利率は年4.5%~18.0%安心のポイント
    3 おもに20代30代のサラリーマンの方、パートやアルバイトの方にご利用頂いています。
  • 備考
  • モビット

  • 金利(実質年率 最低~最高)
    3.0% ~ 18.0%
  • 借入限度額
    800万円
  • 無利息期間
    -
  • 特記事項
    ○三井住友銀行グループのモビット!
    ○10秒簡易審査
    ○即日振込もOK! ※14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有。
    確かな信頼と頼れるサービスで選ばれる、パーソナルローンのモビット!
  • 備考
    ※1:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もあります。
  • ノーローン

  • 金利(実質年率 最低~最高)
    4.9%~18.0%
  • 借入限度額
    300万円
  • 無利息期間
    1週間
  • 特記事項
    借入から最初の1週間は無利息。
    全額返済した翌月も1週間無利息。
    つまり、なんどでも1週間無利息。
  • 備考
    例えば急にお金が必要になった時、5万円借りてもノーローンなら、7日後までに返せば無利息でOK!
    しかも完済日翌月以降のお借入も1週間無利息!
    つまり「なんどでも1週間無利息」で利用できます。
  • メニュー

    ランキング・比較!

    各社情報

    一般知識